今よりも、チョット人生を楽しく♪あなたの為のエンターテイメント情報サイト『エンタメワールド』  
楽しむ
HOME > エンタメワールド > コラム > 海江田万里の政経と生計のカンケイ

 万里センセイの海馬

 海江田万里の政経と生計のカンケイ

 コバヤシのコバナシ

 ハゲ親父の文句たれ!!

 アカツキ号伝説

 アカツキ号伝説U

 シーダー☆ラック

 仮想劇場〜ディープな毎日〜

 4コマ  今日も本迷

 その後の競走馬

 名馬動画の店 ♠名BAR♠

 キュンキュンハートに♥がキュ〜ン

 しずのう青春白書
 
海江田万里の政経と生計のカンケイ
コバヤシのコバナシ
 
 
うまレーダー
ウマいもの、ウマグッズ、ウマ知識…色んなウマネタ送受信中。
静農馬術部ブログ
ユメロマンのふるさと北海道静内農業高校馬術部員のブログ。
 
株式会社ジュエリーフォンド
浦河 優駿ビレッジAERU
馬文化ひだか
海江田万里の政経と生計のカンケイ
 【海江田万里 プロフィール】
●1949年 東京生まれ
●1972年 慶應義塾大学法学部政治学科卒
●1993年 衆議院議員選挙(東京1区)に日本新党から立候補、初当選。
●2004年 岡田克也代表による新体制のもと、ネクストキャビネット(次の内閣)厚生労働大臣に就任、民主党の年金改革案づくりに尽力。岡田代表の再選に伴い、ネクストキャビネット(次の内閣)経済産業大臣に就任。
●2005年 衆議院議員選挙で惜敗
●2009年 衆議院議員選挙当選。
予算委員会会理事、安全保障委員会委員。 民主党選挙対策委員長代理 民主党政治改革推進本部事務局長
●2010年 財務金融委員長。
9月
内閣府特命担当大臣
  ・経済財政政策
  ・科学技術政策
宇宙開発担当大臣
●2011年 1月
経済産業大臣
●血液型 AB型  ●趣味 絵画鑑賞、映画鑑賞、読書、漢詩  ●スポーツ 野球、剣道(二段)
●座右の銘 人生意気ニ感ズ  ●公式HP http://kaiedabanri.jp/index.html
 
トピックス
  「海江田万里の政経ダイアリー 2012/8/28号」
 
「―アメリカのエネルギー革命の行方―」
 
★アメリカのエネルギー革命の行方★

現在アメリカでは、シェールガス開発によるエネルギー革命が進行 中であることは、多くの人々の知るところです。このシェールガス 開発の進展によっては、アメリカ社会だけでなく、世界の経済や安 全保障に大きな変化を生じる可能性があります。

 シェールガスの特徴は、価格が安価であり、埋蔵量も豊富であるこ とです。シェールガスの生産により、現在、北米の天然ガス価格は 100万英国熱量単位(MMBTU:標準気圧下において1ボンドの水を 1℃上昇させるのに必要な熱量)あたり2・5ドルとなっています。

 シェールガスの生産は2010年の統計で1億トン(LNG換算) ですが、今後2030年には2億5000万トンを突破して、 2035年には3億トンに達する見通しです。その結果、アメリカ が中東の原油に依存する割合が低下し、貿易赤字幅が縮小、中東に 対する軍事的なプレゼンスを低くすることも可能になり、米国の財 政赤字も縮小します。こうした動きは、現在のドル安を是正するこ ととなり、安価なエネルギーによって米国経済は回復し、その好影 響は世界に及ぶことが考えられます。

 もちろん、アメリカのエネルギー革命の前途を手放しで楽観視する ことはできません。例えば、昨今のアメリカの干ばつの影響を受け て、ペンシルバニア州では、埋蔵天然ガスを水圧破砕して生産する ために必要不可欠な水の使用が禁止されることとなりました。

 また、大手石油企業が、アメリカ国内のシェールガス開発業者に、 資本参加して、天然ガスの価格に影響力を行使しようとする動きも あります。一部の環境団体が、シェールガス生産に伴う環境破壊を 問題にしていることも気がかりです。

 このようなマイナス要因があるものの、中長期的な視点に立つと、 現在北米を中心にして起こっているエネルギー革命は、時代のトレ ンドであり、これを逆戻りさせることはできないと考えられます。

 日本もアメリカを中心にした世界の天然ガス選好の時代に合わせた エネルギー政策を検討すべきで、現在議論されている原発の問題を 考える際も、こうした視点が必要です。特に、日本のLNG輸入価 格は、アメリカの価格の6〜7倍ですから、北米の主要なLNG プロジェクトへの参加など輸入価格を低下させるための努力が必要 ですし、また日本の国内、特に世界で6番目の広さを有する日本の 領海・排他的経済水域での天然ガスを中心とした資源開発に取り組 むべきでしょう。

衆議院議員 海江田万里 


前の話へ
次の話へ
 
 
 1 |  2    次の13件>>
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/9/11号」
     「―第180回通常国会を終えて―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/8/28号」
     「―アメリカのエネルギー革命の行方―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/7/18号」
     「―経済界「視点」インド経済と日本―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/6/26号」
     「―本日の衆議院本会議―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/6/6号」
     「―地価動向やっと底入れ、今年こそデフレ脱却を―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/5/3号」
     「―国民からの信頼回復を真剣に考えるべし―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/4/18号」
     「―経済界−あれから一年―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/4/3号」
     「―閣議決定で終わりではない。消費税論議は始まったばかり―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/3/6号」
     「―企業年金財政難と金融自由化影の部分―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/3/1号」
     「―首都圏直下型地震について―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2012/1/1号」
     「―「無私」の心で国民のために―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/11/28号」
     「―夕刊フジ 「永田町新潮流」―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/10/31号」
     「―夕刊フジ 「永田町新潮流」―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/10/18号」
     「―経済界「視点」「衆参対等統合一院制」を考える―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/10/01号」
     「―夕刊フジ「永田町新潮流」 閉会中も第3次補正予算の議論は行い成立望む―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/09/10号」
     「―経済産業大臣退任にあたって―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/07/20号」
     「―経済界「視点」『桂林荘雑詩』に寄せて―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/04/11号」
     「―夕刊フジ「永田町新潮流」 原発は生き物、もう少し時間を―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/01/25号」
     「―経済界「視点」 税制改正でも天下りに釘―」
「海江田万里の政経ダイアリー 2011/01/12号」
     「―夕刊フジ「永田町新潮流」 シンガポールの経済政策―」