今よりも、チョット人生を楽しく♪あなたの為のエンターテイメント情報サイト『エンタメワールド』  
楽しむ
HOME > エンタメワールド > 小説 > シーダー☆ラック

 アカツキ号伝説

 アカツキ号伝説U

 シーダー☆ラック

 仮想劇場〜ディープな毎日〜

 4コマ  今日も本迷

 その後の競走馬

 名馬動画の店 ♠名BAR♠

 キュンキュンハートに♥がキュ〜ン

 しずのう青春白書

 万里センセイの海馬

 海江田万里の政経と生計のカンケイ

 コバヤシのコバナシ

 ハゲ親父の文句たれ!!
 
海江田万里の政経と生計のカンケイ
コバヤシのコバナシ
 
 
うまレーダー
ウマいもの、ウマグッズ、ウマ知識…色んなウマネタ送受信中。
静農馬術部ブログ
ユメロマンのふるさと北海道静内農業高校馬術部員のブログ。
 
株式会社ジュエリーフォンド
浦河 優駿ビレッジAERU
競走馬のふるさと案内所
 
最新話以外をご覧になる場合は、ログイン が必要です。
バックナンバー 登場人物 最初から読む 最新話を読む
 
 

「第五章:将軍の血」・・・(260)

                              
 慶喜は頼もしそうに種吉を見た。

「やはりおぬしは、これを受け取るにふさわしい男のようじゃ」

 慶喜は、種吉に巻物を手渡した。

 それは種吉の手に、ずしりと重かった。

「言っておくが」

 慶喜は真剣な表情を浮かべて種吉を諭した。

「これはただの地図。簡単に金が手に入るとは思わぬ方が良い」

「と言いますると」

「この地図が示すのは、先の戦で逃げ落ち、山賊、盗賊となっている連中が暮らしている、明治新政府の官憲の手も及ばぬ、いわば無法の地帯じゃ。そこに軍勢を引き連れずに分け入って、無事帰って来られるかどうかはおぬしの運次第」

「なるほど」

「また、地図の謎を解き、見事埋蔵金へとたどり着けるかどうかは、おぬしの勘次第」

 慶喜が「道理は通っているが金を手に入れるのが難しい」と言った理由が、今はっきりとわかった。

「どうだ。恐ろしいか」

 問われて、種吉は神妙な顔つきになった。

「正直に言えば、恐ろしゅうございます。山賊、盗賊の類が恐ろしいだけではなく、代々の徳川将軍たちが積み上げたこの金を、我がついに使う、という事に、大変な重みを感じまする」

「うむ。そうであろう」

 その重みこそが、慶喜をして埋蔵金を戦費に出来なかった理由である。

 種吉の心は、慶喜には痛いほどよくわかった。

「だが、我には頼もしい仲間たちがおります。我、非才なれど、我が下に集った者たちはけして凡庸ではありませぬ」

「ならばその金」

 慶喜は姿勢を正して言った。

「徳川復興の為、おぬしが使え、家博」


(つづく)
 
前の話へ
 
 
<<過去の話>>
2012 年
01月  02月
03月  04月
05月  06月
07月  08月
09月  10月
11月  12月
<<2012年9月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
☆シーダーラックニュース☆
シーダーラックニュースエンタメワールドの人気小説『シーダー☆ラック』と同名の競走馬がの出走&近況報告です。
最新記事2012/04/29 (つづきを読む)